トップ > アクセス > 東京方面から「青春18きっぷ」を使って往復する場合
東京方面から「青春18きっぷ」を使って往復する場合 (2014年7月現在)
若者の味方といえば、これ。
普通に買うと運賃だけで片道9,610円かかる旅費が、圧縮できます。

「青春18きっぷ」についてはこちら(All About)

【往路】
東京発 23:10→JR快速ムーンライトながら(大垣行)(全席指定) →名古屋着 05:20
名古屋発 05:40→JR関西本線(亀山行)各駅停車→亀山着 06:57
亀山発 07:01→JR紀勢本線(伊勢市行)各駅停車→多気着 08:08
多気発 9:43→JR紀勢本線(新宮行)各駅停車→新宮着 13:20

運 賃: 東京から、日付が変わって最初の停車駅・小田原までの普通乗車券 1,490円
     8月8日有効の「青春18きっぷ」 2,370円(1枚。ただし5枚綴りでしか買えないので注意)
     ムーンライトながら指定券 520円
合 計: 4,380円

【復路】
新宮発 15:56→JR紀勢本線(多気行)各駅停車→多気着 19:19
①多気発 19:47→JR快速みえ26号(名古屋行)→名古屋着 21:10
       (JRでない伊勢鉄道を経由するので別途運賃510円必要)
②多気発 20:16→JR紀勢本線(亀山行)→亀山着 21:08
  亀山発 21:32→JR関西本線(名古屋行)→名古屋着 22:40
名古屋発 23:20→JR快速ムーンライトながら(東京行)(全席指定)→東京着 05:05

運 賃: 8月10日・11日有効の「青春18きっぷ」(2枚) 4,740円
     ムーンライトながら指定券 520円
     ①の場合、伊勢鉄道別運賃510円
合 計: ①5,770円 A5,260円

【コメント】
東京から、いちばん安価に行けるのがこれ。
とくに往路のムーンライトの指定券が満席になりやすいのと、「青春18きっぷ」が5枚つづりなので、
別の用途にあと2枚使ったり(残ったら金券ショップで売ることもできる可能性もあり)、
友達と誘い合わせてうまく枚数を調節しないといけないのが難。

けっこうな勢いで時間がかかりますが、単線ゆえの行き違い待ちや特急の追い越し待ちで
長時間停車する紀勢本線の各駅停車で、夏ののんびり列車旅行もけっこうオツなもの。

「ムーンライトながら」は特急車両なので快適。
18切符が買えないひとでも、乗車券を往復割引(+学割)で買えば、それなりに安いです。

ムーンライトながらについてはこちら(ムーンライトながらガイド)

※ その他注意点
・「青春18きっぷ」は最寄りの金券ショップで安く購入することもできます(料金は店舗によります)。

・列車発着時刻については変更される場合もありますので改めてお調べください。

・今年(2014年)は、お盆に近い日程での開催なので、行き帰りのムーンナイトながら(東京〜名古屋間)の指定席をゲットできるかが、例年以上にポイントになります(乗りもしないのに大量購入し、ネットオークションで転売する人が多い)。

・ムーンライトながらの指定席券は乗車日の一か月前からの発売なので、「青春18きっぷ」で来る場合は、早めにみどりの窓口に行くことをおすすめいたします。

▲ページトップへ戻る